cozy+life | PORTUGAL to SWEDEN・南欧から北欧へ
post by cozy plus life/ 阪倉みち代 .
24042
post-template-default,single,single-post,postid-24042,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-3.6,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

PORTUGAL to SWEDEN・南欧から北欧へ

南欧のポルトから北欧のイェーテボリへ向かってます。

 

実は、ブリュッセル経由でチケットを購入した直後にテロが起こりました。

数日後に飛行機はキャンセルになり、予約し直した飛行機は2回のトランジットを経て、

目的地のボロースまで、ホテルを出発してから15h。

ヨーロッパ内の移動だというのに、まるで日本から欧州への移動のようです。

 

 

その様な訳で、リスボンで3hのウェイティングのはずだったのですが、

ポルトで搭乗間際にいきなりのキャンセルというハプニング。

ヒューグランド似の素敵な英国人の紳士な怒りの抗議に周りの人々は心が救われました。

臨時便を1h50待ち、ギリギリ二つめの飛行機に飛び乗りました。

本日初めて落ち着いた気分で明日のMTG仕様の頭になってきました。

なんたってマイナーtoマイナーの旅に選択肢は少ないですものね。

 

 

日本を発つ前には、心配だからいっぱい近況アップして「生きてるよって自己主張すらからね。」って親しいみんなに話していました。

けれども、到着して親友からのLINEで知ったのは、熊本の地震。

SNSで断続的に目にする事態に、離れているかこそ増すヤキモキな気持ち。

そんな中、今回の訪問先でビーントゥバーの打合せをしている最中に、

カカオ豆の輸入元エクアドルでも大きな地震が起こりました。こちらもまた案ずることは同じです。

 

そして、地球のどこにいてもつきまとうリスク。天災と人災。大きく意味は異なるけれど、

その時どの様に受け止めるか、対処できるか、差し伸べらるか、差し伸べられた手を握れるか、暖め合えるか。

立場は違っても、人間としてするべき事は同じです。

 

被災地のみなさまには遅ればせながら、謹んでお見舞い申し上げます。

離れていても出来ること、先ずはこのフライトのマイルを義援金として。

目の前に広がる大きな空はとても平和そうなのに。

目的地まであと少し4時間です。

No Comments

Post a Comment